仕返しの方法で職場の上司・近所の友達・元彼・旦那への最適な考え方

世の中にはあらゆる仕返しの方法がありますが、職場の上司・近所の友達・元彼・旦那への最適な考え方は考えないことです。

スポンサーリンク

人間は感情の生き物

人間は毎日些細なことで気分が良くなったり、悪くなったりするものです。

正しいことをしようとしていても、生きていれば理不尽で悲惨なことがどうしようもなく襲ってくることがあります。

悪いことが起こった時、それを怒りや憎悪で広げることもできますが、それが必ずしも良いとは限りません。

人は人、自分は自分

ある人が自分に何か悪だくみをしているにも関わらず、自分が順調な人生を送っていたら、その思惑はまったく効果がないということになります。

この事実ほど、相手が気が狂いそうになるくらい歯がゆい思いをさせるものはありません。

誰かに侮辱されたり、ないがしろにされたり、貶められたり、傷つけられたと感じた時、最初は頭にきたとしても、すぐに何か素晴らしいことをして見返すのが一番です。

仕返しされても気にしない、気にしない

とても難しいことですが。自分の望むように他人を変えることは簡単にはできませんし、誰かに仕返しをしたところで、本当の意味で幸せになることはできません。

幸せないい人生を送ることもそう簡単なことではありませんが、他人を不幸に落し入れようなどと考えていては幸せにはなれないものです。

仕返しは、けして良いことではありません。

しかし、人間は他人に怒りを感じたとき、この思いにかられずにはいられないこともあるでしょう。

仕返ししても心は豊かにならない

けれども、仕返しを企むと、相手のことを繰り返し考え続けることになり、仕返しを考えなければ、相手のこともあまり考えずに済みます。

めちゃくちゃ嫌なことをされても、全く仕返しをしようと思わなければ、それはフェアで、すばらしいことです。

一方、効果的に仕返しを行うとなると、障害があります。ひとつは、仕返しを後悔しないようにしておくこと。もうひとつは、相手を「無罪放免」にすることです。

仕返しの方法で職場の上司・近所の友達・元彼・旦那への最適な考え方のまとめ

どちらの障害を選んだほうが、ポジティブな変化をもたらすでしょうか?

きれいごとを言うと仕返しは調和ではなく、害を引き起こすものです。なんだかんだ言っても嫌なことや嫌な人は忘れるのが一番効率がいいです。

そんなことを考えて、時間や人生を無駄にはしたくないですからね。

仕返しの方法を考えるのもいいですが、職場の上司・近所の友達・元彼・旦那のことのために無駄なエネルギーを使うのはもうやめましょう。

仕返しの方法で職場の上司・近所の友達・元彼・旦那への最適な考え方を最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする